ANSYS 2019 R1 Update セミナー エレクトロニクス製品

新機能のご紹介

ご参加ご希望のお客様は、サインイン、もしくは新規のご登録の後、
ご希望会場を選択のうえご参加申し込みをお願い申し上げます。
後ほど参加確認証をお送りいたします。

  1. TOP
  2. ANSYS 2019 R1 Update セミナー エレクトロニクス製品
本セミナーでは、ANSYS Electronics 2019 R1に新たに導入された、数多くの高度な機能をご紹介します。各新機能は、イノベーションで他社をリードするお客様のご協力を得て開発されました。これらの新機能により、エンジニアリングの効率化、複雑な電子機器設計のシミュレーション、市場投入時間の短縮を実現します。

ご案内

名称ANSYS 2019 R1 Update セミナー エレクトロニクス製品
日程・東 京:2019年3月6日(水)
・大 阪:2019年3月7日(木)
時間13:00 - 17:10 (受付開始 12:30)
会場・東 京:TKP赤坂駅カンファレンスセンター
     〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目14-27 国際新赤坂ビル 東館

・大 阪: TKP心斎橋駅前カンファレンスセンター
     〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場3-11-18
      郵政福祉心斎橋ビル
主催アンシス・ジャパン株式会社、サイバネットシステム株式会社
定員東 京: 300名
大 阪: 100名
お問い合わせANSYS 2019 R1 Update セミナー事務局
ansys-event@seminar-reg.jp
TEL03-5510-4080(10:00~18:00 土日祝日を除く)
ご注意・講義内容は変更になる場合もございます。あらかじめご了承ください。
・定員になりしだい締め切らせていただきます。
・競合他社様からのお申込みは、 お断りする場合もございますのでご了承ください。
お申込み

既にご登録済みでユーザーIDをお持ちの方は、サインインよりお進み下さい。

会場

プログラム

時間トラックAトラックB
00:00

00:05
E-T

東京 日程 :2019年3月6日(水)

 

E-O

大阪 日程 :2018年3月7日(木)

 

17:00

18:00

プログラム内容

時間 プログラム名
13:00~13:10

ANSYS 2019 R1 ハイライト

2019 R1 エレクトロニクス製品全体のハイライトをご紹介致します。

13:10~13:20

ANSYS Electronics Desktop (共通デスクトップ)

  • リボンやメニューの日本語表示を実現
  • 高解像度の画像とWeb対応アニメーション出力
  • ANSYS Workbench で実績のあるDesignXplorer最適化解析を Optimetics に搭載
  • インポートされた3Dプリミティブオブジェクトの編集を可能するなどのモデラー機能を改善
13:20~13:50

ANSYS Simplorer (Twin Builder)

  • 2019R1 における製品構成の紹介
  • 新機能 Dynamic ROM Builder
  • Digital Twin , IIoT 向け機能の向上
  • Modelica 対応に関して、他
13:50~14:30

ANSYS Maxwell

  • 電気機器設計ワークフローへのアップデート
  • モータ振動解析への画期的なマルチフィジックスソリューション
  • 領域分割法による大規模解析への対応
  • ANSYSエレクトロニクス製品初の日本語GUI環境を用意
14:30~15:10

ANSYS HFSS Part. I

  • 新機能 HFSS SBR+ ソルバーの反射/透過係数テーブルを用いた境界条件の追加
  • 新機能 HFSS SBR+ ソルバーのブロッキング機能追加による計算精度向上
  • 新機能 HFSS IE ソルバーのアダプティブパススキップによるメッシュ生成効率化
  • 機能改善 HFSS IE のアルゴリズム改善による計算高速化
15:10~15:20 休憩
15:20~15:40

ANSYS HFSS Part. II

HFSS 3D Layout
  • 機能改善 MCAD実装機能におけるアセンブリ及びメッシュ生成技術向上
  • 新機能&機能改善 HFSS相当の電磁場出力に向け、数々のアップデート
  • 新機能 ANSYS Electronics Desktop環境でSIwave DCIR解析を実現
15:40~16:00

ANSYS RF/SI Option

  • 新機能 AC解析向け周波数依存電流源、電圧源への対応
  • 新機能 Transient解析向けPAM4信号源への対応(R19.2)
  • 新機能 ANSYS Electronics Desktop環境におけるEMIT Designサポート開始(ベータ機能)、他
16:00~16:40

ANSYS Q3D Extractor/SIwave

Q3D Extractor

  • HPC分散解析のアップデート

SIwave

  • 新機能 基板全体の高速EMIルールチェッカー(EMI Scaner)
  • 新機能 平均故障時間の出力(Maigration Analysis)
  • AC電流分布解析がPush周波数依存型ノイズ源に対応
  • Crosstalk Scan解析、Near/Far Field 解析の改善
  • HFSS Region の改善
16:40~17:10

ANSYS Icepak

  • 製品概要(StandAlone版、AEDT版、SIwave版)
  • 機能向上、更新情報の紹介(StandAlone版)
    • ジョブスケジューラー対応の改善
    • 既存メッシュ利用機能の追加、他
  • 機能向上、更新情報の紹介(AEDT版)
    • 日本語UIへの対応 - 電磁界との2Way連成機能の追加
    • SIwaveDCIR ワークフローへ対応
    • StandAlone版プロジェクトファイルのインポート対応、他
  • 2019R2以降のアップデート